「よりよく生きる」ための転職&キャリアアップメディア

【40代転職】現役人事が解説!40代でも転職できる唯一の方法

人事の仕事をしていると、よく「転職は何歳までOKですか?」と聞かれることがあります。少し前までは「35歳くらいまでですね」と答えていました。しかし、最近は「40代、50代でもポジションに見合った優秀な方がいれば」とお答えするようにしています。ただし、40代以上でも転職ができる条件があります。そこで今回は40代で転職できる方法について解説します。

40代からでも転職は遅くない! 

液晶で世界をリードしたシャープが、市場の変化を見誤って経営危機を迎えたように、企業を取り巻く経営環境は劇的な早さで変化しており、これに対する対応の遅れが瞬時に倒産につながる時代を迎えています。 

そのことは、私たちが、いつ何時リストラの対象とされてもおかしくない時代の到来を意味していると言えます。 

そのため40代を迎えても、転職に前向きであることは大切であり、同時に、40代からの転職を成功させるための備えを万全に進めておくことが重要なのです。 

来年2020年のオリンピックイヤーに向けて、緩やかながらも景気の拡大が続いています。各企業では就職氷河期世代の人材が空洞化しており、転職市場では40代のミドルエイジの転職機会が増えています。 

さらに、2020年代は、2021年こそオリンピック景気の反動で不景気が予想されています。しかしその後は、大阪万博の開催、リニア中央新幹線の開業もあって、2030年に向けて景気の拡大が予想され、引き続き企業でのミドルエイジに対する需要も底堅く推移すると見られています。 

だから、40代からの転職を諦める必要はありません!私も実際に、採用の現場で40代の社員を積極的に採用しています。 

企業が40代転職者に求めるもの 

40代からの転職を成功させるためには、どのような方法があるのでしょうか? 

それを知るには、企業がミドルエイジの中途採用を増やしている理由を理解する必要があります。 

最近のミドルエイジに対する転職ニーズとして、営業系では、新規プロジェクトのリーダーや新設拠点の責任者といったポストが多くなっています。実際に私も人事の仕事をしていて、海外重要拠点のリーダー候補を採用する機会があります。背景には、現在の景気拡大に伴い今後のために事業の推進役を確保したいという人材ニーズがあるのです。

また、管理系では、CFOや人事部門管理職、部門統括責任者といったポストの募集が多くなっています。国際会計基準(IFRS)の普及や雇用の多様化といった企業環境の変化があり、管理部門は専門的知見のある人材を必要としているのです。 

つまり、専門的な資格から得られる知識のみならず、仕事の専門家として培われた経験とノウハウも備えた人材が求められているということですね。 

これは、長い実務経験を積んでいるミドルエイジだからこそ、その期待に応えられるという考え方です。 

40代でも転職ができる人材になるには、20代・30代の若いうちから、担当している仕事の質を高め、その世界での知見を深めておくことが唯一の方法です。実際に私の先輩で30代後半からキャリアアップを目指し自己研鑽を重ねた方が、40代に日本を代表する自動車メーカーに転職しています。40代からの転職を成功させるには、少しでも早く自分を高めることが極めて重要な備えになるということですね。 

40代からの転職はエージェント選びがポイント

40代からの転職を成功させるうえで、もう一つ大切なポイントがあります。 

それは、最適な人材紹介のエージェントを選ぶということです。 

最近の人材ニーズの多様化もあり、世間では実に多くの人材紹介会社があります。 

しかし、はっきりとした傾向として言えるのは、大きく二つのグループに分かれているということです。 

まず、一つ目が、多くの紹介案件を抱え、求職者に対して機械的に多くの案件を紹介してくるエージェントです。こちらは大手の人材紹介会社によく見られる特徴であり、比較的早く選考過程に乗れるのですが、紹介される案件が自分の希望や、気分のキャリアに合わないものも多くなるのが欠点です。 

もう一つが、一人ひとりの求職者に合った案件を探して、それを紹介してくれるエージェントです。こちらは、中小規模の人材派遣会社に見られる特徴でもあり、大手のように多くの案件を抱えていないので選考過程に乗るまでに時間がかかるという欠点がありますが、求職者の希望やキャリアを尊重した案件を紹介してくれるので、結果としての満足度は高くなります。 

自分の希望やキャリアを尊重してくれて、人材ニーズを抱えた企業にしっかりと売り込んでくれるエージェントを見つけることが、40代からの転職成功の大きな鍵になるのです。 

個人的におすすめなのがランスタッドなどの中堅エージェントです。
リクルートエージェントは最大手で案件も豊富です。
しかし、人事の立場からすれば40代の特定スキルを持つ人材を探す場合はリクルートエージェントを使用しません。
信頼できる中堅エージェントにピンポイントで人材を紹介いただくように依頼します。

ですので、40代の転職は中堅エージェントや職種特化型のエージェントを積極的に活用しましょう。

ランスタッドに会員登録する

まとめ

グローバル化が進み、企業を取り巻く経営環境の変化のスピードが早くなっている今、業績悪化で突然のリストラ宣告を受けても、路頭に迷うことがないように、できる限りの準備を万全に備えておくことをお勧めします。 

そのためには、自分が培ってきた経験とスキルに磨きをかける不断の努力が重要です。特に、若いうちから、担当している仕事の質を高め、その世界での知見を深めておくことが、最も有効な準備になります。 

そして、自分の希望やキャリアを尊重してくれて、人材ニーズを抱えた企業にしっかりと売り込んでくれるエージェントとの出会うことも大切なポイントになります。 

さらに、これも大きなポイントと言えるのが、40代を過ぎたからといって転職を決して諦めないということです。私の元上司も40代で人事の仕事に注力したことで、50代で起業して現在は研修講師として活躍しています。このように人生はいつからでも新たな一歩を踏み出すことができます。

将来、自分自身がどんな仕事をしたいのか考え、準備を整えて、40代からの転職を成功につなげていきましょう。 

関連記事

【転職のコツ】転職を成功させる3つのコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です