「よりよく生きる」ための転職&キャリアアップメディア

【転職本】転職を決意したら読むべき本3選

私は転職やキャリアに関する本を50冊以上読みました。
その中には全く役に立たない本もあれば、本当に役立った本もありました。さらにその役立った本の中には「もっと早く読んでおけばよかった!」と思った本があります。

そこで、本記事では、転職を決意したら必ず読んでいただきたい本を3つご紹介します。

転職するときに必ず読んでほしいおすすめ本

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

この本を読んだとき、まさに「目からウロコ」でした。

転職でキャリアアップするために必要な情報が凝縮されている本です。この本を手に取った当時、既に2回目の転職をしていた私には、「もっと早く読んでおけばよかった!」と強く思った本です。

特に参考になったのが、キャリアアップは「業界×人脈×技術」であることを明快に解説している部分です。
私は転職におけるキャリアアップは、「業界のプロ」になるか「職種のプロ」になるかのどちらかが基本だと考えています。そのいずれかに人脈が掛け合わされることで、キャリアアップの速度をさらに高めることができます。
私はこの本を読んだことで、漠然と考えていたことが整理されて、とてもスッキリした気持ちになりました。

また、本の中では給料の仕組みについても言及されています。
実は業界や企業によって、給料の上がりやすさが異なることはご存知でしょうか。
給料は会社の業績やビジネスモデル、業界の生産性でほぼ決まるといっても過言ではありません。 私も人事の仕事をしていていつも実感するのですが、実際に給料アップに個人の努力が与える影響はとても少ないです。

私は友人・知人からよく転職相談を受けます。残念ながら、転職先の業界をよく調べずに衰退業界への転職を選ぶ人も少なくありません。年収アップを狙いたいなら、成長率が高く生産性の高い業界に行くのが基本だと思います。

転職をした人も考え中の人もまだ転職していない人も全員が読むべきおすすめの本です。

Amazon.co.jpで購入する

転職と副業のかけ算

上記の「転職の思考法」を読んだら、2冊目に読んでいただきたいのがこの本。
有名ブロガーのmotoさんが、これからのキャリアアップについてわかりやすく解説した本です。motoさんはホームセンターで年収240万円の仕事からスタートして、現在は本業で年収1,000万円、副業で4,000万円を稼いでいます。

この本に共感できるポイントが、本業の経験を副業に活かし、副業で得られた知見をさらに本業に活かすというサイクルをつくるという点です。

現代は副業時代になりつつありますが、理想的な副業は本業の延長線上でできることではないでしょうか。また副業ではなくとも、特定分野で自分の専門性やブランドを高めることはとても理にかなった考え方です。

例えば 私も人事の経験を活かして、人事のアドバイザーや執筆活動を依頼されることがあります。あなたも本業を極めていけば、「○○といえばあなた」というブランド が出来上がり副業の依頼につながるかもしれません。

転職で年収アップを目指したい方におすすめの本です。

Amazon.co.jpで購入する

キャリアデザイン入門

私がまだ人事のプロを志す前のある時。転職で年収アップとキャリアアップを実現した先輩から勧められたのがこの本です。

その先輩は工場での派遣社員からスタートして数回の転職後、現在では日本を代表する企業で素晴らしい仕事をしています。しかも、高卒なのにも関わらず努力を重ねてMBAも取得されました。まさにキャリアアップのお手本となる方です。
その先輩はこの本を何度も読んでキャリアアップを実現されたとおっしゃっていました。

少し古い本ですが、キャリアのつくりかたについてわかりやすく書かれた本です。特に社会人人生前半のキャリア形成方法についてまとめられています。特に20代のうちは筏で川を下るように、様々な経験を積んでいけばOKという内容に私は背中を押されました。30代初期まで自分の道が見えずふらふらしていた私にはとても救われる本でした。

Amazon.co.jpで購入する

この本は基礎力編と専門力編があります。
ある程度ご自身のキャリアが見えてきた方には、「専門力編」がおすすめです。様々な経験を積んできて「そろそろ何か専門性を持ちたい」と考えているときにぜひ読んでみてください。私もこの本を読んで「人事の道でいこう」と決めました。

Amazon.co.jpで購入する

転職に限らず、これからのキャリアを考えるために必読の2冊です。

自分に合った転職本を選ぼう

ここまで厳選に厳選した転職おすすめ本をご紹介しました。
転職本はほんとに様々なものが出ていますよね。内容が薄くて本当に買って損した本や、著者の宣伝目的で書かれた本もあります。

ここまでご紹介した本は、私が友人・知人から転職相談を受けたときに必ずおすすめする本です。まず買って間違いないと思います。ただ、あくまでも私がおすすめする本なので参考になればうれしいです。

あなたもぜひ自分に合った本を見つけてくださいね!

関連記事

【転職活動】転職するときに口コミを参考にする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です