「よりよく生きる」ための転職&キャリアアップメディア

【転職のコツ】転職を成功させる3つのコツ

新卒で就職活動を経て社会人になって数年・・・転職を意識しているというあなたは、現在所属する会社でなんらかのミスマッチに遭遇していらっしゃるのでしょう。転職する上で、同じようにミスマッチを繰り返さないためのコツをお伝えいたします。

コツ1 転職の目的を明確にする

転職を意識した時、多くの人が最初にすることは『転職』というワードでweb検索することだと思います。すると転職サービスのサイトが表示され、公開されている求人情報が検索できたのでそのままサービスに申し込んで・・・という具合に転職活動はとても簡単に始められます。しかし転職活動は、転職の目的を「今」ではなく、もっと先の将来を見据えて明確にすることからスタートしましょう。

「今の環境から抜け出したい。ここではないどこかで働きたい」という逃避だけを目的とするような転職であれば、転職に成功したとはいえません。近い将来またミスマッチに苦しむことになるでしょう。仕事は人生において大きな位置を占めます。その位置づけをきちんと自分自身の中で考え、整理すれば転職の目的が明確になってきます。

例えば、『仕事は自己実現の場であり、人生そのものである』という位置づけの人であれば、同じ給与であっても残業の少ないルーチンワークが多い大企業の職場よりも、多少ハードであってもあらゆる業務に挑戦でき、企業理念に共感できるベンチャー企業のほうが魅力的であると判断できるかもしれません。また、『仕事は生きていくための手段』という位置づけの人にとっては、どれほど給与待遇や仕事内容が魅力的であっても、休日数は妥協してはいけないという判断ができるかもしれません。

このように転職の目的を明確にする事で、ミスマッチな転職となるリスクを抑えましょう。

コツ2 転職後いかに選力になるかを考える

転職活動を開始した場合、多くの企業で書類審査から始まります。この書類を記入する上で、自分がいかに戦力になるかをしっかりと考えてアピールすることが大切です。
もちろん履歴書の写真の印象も大事ですし、手書きを求められている場合には丁寧な字できちんと書くことは大前提です。

しかし、企業は転職希望者が自社でどのように活躍したいというビジョンを持って応募してきているのかということを非常に重視します。職務経歴書に記載されている経歴が同等程度であれば、確実に転職後のビジョンを持っている候補者を選びます。いかに戦力になっていくかという心構えのない候補者は企業にとって魅力がないのです。

転職希望者の持つビジョンが会社の求めるものと多少違ったとしても面接ですり合わせられる可能性はありますし、仮に全くフィットしなかったとしても転職してからミスマッチが判明するという転職希望者・会社双方にとっての最悪の事態は避けられます。

今までの経験を棚卸し「自分で考えて行動できる」「仕事を進めるうえで周囲との調整ができる」「常に向上心があり、適応力が高い」といった自分の戦力の具体的なイメージを持ちきちんと企業と共有するようにしましょう。

コツ3 転職先の新しい環境にフィットしようという素直な心を持つ

社会人経験者として転職活動をするということは前職があるということです。そして、前職があるということは本人が認識していなくても多かれ少なかれ、その前職の組織文化や価値観、仕事の進め方のスタイルに染まっているものです。転職する上ではこのことをしっかりと自覚し、新しい環境にフィットするよう新しい仕事の進め方やスタイルに挑戦してみようという素直な心構えを持つことがとても大切です。

「前の職場ではこういうやり方だったのに、こんなやり方をしているなんて・・・」と思いながら仕事をするのでは自分からミスマッチを生み出すようなものですし、採用する側の企業も組織に与える影響やミスマッチを恐れて採用に尻込みしてしまいます。

もちろん前職で培った成功体験はあなたの武器でもありますので、決して口にするなという事ではありません。ただ自分自身の今までの経験を基準にして、そこに合致しないものに対して反射的に否定的な姿勢をとらないことが大切です。

「なるほど、こんなやり方もあるのか。やってみよう」といった姿勢を持つことができれば、自身のストレスもなくなりますし、やってみた上で前職のやり方のほうが優れていると客観的に判断できたならその方法を提案しようと考えればよいのです。

まとめ

転職に関するイメージは昔とは大きく変わり、職種によっては優秀で短期間での転職の都度キャリアアップを成功させているジョブホッパーの方もいらっしゃいます。しかしミスマッチが原因で、「これで最後の転職にしたい」「次の職場では長く勤めたい」と考えながら転職を繰り返していらっしゃる方が多いのも事実です。
転職を意識した際は、ぜひ上記コツを念頭に置いて動き出してみてください。

関連記事

【転職本】転職を決意したら読むべき本3選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です