「よりよく生きる」ための転職&キャリアアップメディア

【転職 資格】転職に有利な資格とは?

転職を成功させるには、やはり資格が無ければならないのでは…?
転職を考えている方の中には、そんな思いに駆られる方も多いことでしょう。
では転職を有利に進めるうえで役に立つ資格、武器になる資格とは何でしょうか?
こちらでは、転職において資格をどのように活かすべきかについて解説します。

資格があっても万全ではない 

「資格があると転職が有利」と定説のように言われております。
転職に有利とされる資格の一例を挙げてみます。

業種・業界別では、
金融業界…フォナンシャル・プランナー
不動産業界…宅地建物取引主任者、不動産鑑定士
観光業界…旅程管理主任者
医薬業界…医療事務 など
職種別では、
経理系…日商簿記検定
法務系…ビジネス実務法務
総務系…司法書士、行政書士
人事系…社会保険労務士、衛生管理者 など

このほかにも、英検やTOEICといった外国語の能力検定、中小企業診断士、税理士などが人気を集めています。
これらの資格は、国家資格、公的資格、民間資格に大別されます。
国家資格は、一般的に社会的な信頼性・信用性の高いと言われており、税理士や社会保険労務士などがあります。
公的資格は、国家資格に準じるもので、英検や販売士検定などがあります。
民間資格は、特定の業界・業種において有効なものが多く、オラクルマスターや情報システムコンサルタント等のIT資格、証券アナリスト、インテリアコーディネーターなどがあります。
このように多種多様な資格が世間にはあふれているのがわかります。
転職のために、多くの資格を取得することが当たり前のようになっています。
では、資格は多ければ多いほど転職に有利になるのでしょうか? 

資格とは知識のバロメーター

就職氷河期を体験した世代以降、若年層では、これらの国家資格や公的資格を取得している方が増えています。
資格の中には、仕事を行ううえで取得が必須となる資格が多くあります。
司法書士、税理士など、いわゆる士業と言われる国家資格がその代表であり、その資格があればそれぞれの業を営むことができるものですが、いずれも難易度が高いものばかりです。
これらの資格を取得しているのは、将来に向けて在学中から勉強を続けて、難関を突破した方々が多いことでしょう。
社会人になってから一念発起して取得するには、本当に大変な努力と根性が必要になるでしょう。
では果たして、転職に向けては資格があれば万全なのでしょうか?
その答えとしては、「持っていないよりは持っている方がマシ」というところではないでしょうか。
上記の士業のかにも、不動産業界では宅地建物取引主任者の資格が必須もしくは推奨されるように、業界によって資格の取得が必要なケースがありますので、希望する業界に応じて、資格の要否を判断する必要はあります。
ですが、転職において資格とは、応募者の知識・経験を知るうえでのバロメーターになりますが、資格が無いから即アウトというものでもありません。
これらの資格が本当に仕事に活かされていたのかが最も重要なのです。

資格を仕事に活かせているかがポイント

税理士の資格を取得したけれど担当業務は営業職であったり、販売士の資格はあるけど担当業務が経理事務であったりと、苦労して取得した資格が、仕事に全く活かされていないケースがよくありますが、これでは、資格を取得するために日夜努力した苦労が、水の泡となってしまいます。
もちろん、自己啓発や将来の夢・希望のために、今の担当業務とは異なる分野の資格を取ることはありますし、そのことが無意味とは思いませんが、転職を考えるにあたっては、その資格が仕事に活かされてこそ意味があります。
企業の採用面接において、必ず問われる質問として、
「あなたが当社に入社したら、当社に対してどんな貢献をしてくれますか?」
というものがあります。
この質問に対して明快に回答ができれば、内定を得られる確率が高まりますが、自信の無い、おどおどとした回答であると即NGとなるでしょう。
転職のためにと思って、一つでも多くの資格を取得する方がおられます。
ですが、転職においては、資格の数を増やすよりも、資格を活用して仕事で実績を積み上げることの方が大切であり、それでこそ、資格を取得する意味があると言えるでしょう。

まとめ

転職に有利な資格とは何かと言うと、その業種・業界で働くうえで取得が必須もしくは推奨される資格は、まさに転職に有利な資格になるでしょう。
ですが、勘違いしてはならないのは、資格を取得することが目的ではなく、取得した資格を手段として、如何にして仕事で実績・成果を挙げるかということが目的なのです。
この点を履き違えることなく、仕事で実績・成果を挙げるために資格を活用して、転職を成功させましょう。

関連記事

転職するなら英語はほぼ必須

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です