「よりよく生きる」ための転職&キャリアアップメディア

【転職活動】転職するときに口コミを参考にする方法

最近は転職口コミサイトが充実してきました。転職先の情報を入社前にはなかなか入手できない場合も転職の口コミサイトを使用することである程度の状況を推測することができます。一方で転職口コミサイトには注意すべき点もあります。転職の口コミの正しい見方と活用方法について考えてみました。

転職に口コミサイトは参考になるのか?

結論から言うと、転職口コミサイトはかなり使えます。私も今まで4社ほど経験してきましたが、口コミサイトの総合評価はかなり実感値に近いものでした。
ただし、いくつかある口コミサイトの中でもやはり「あたりはずれ」はあると感じています。

ちなみに代表的な転職口コミサイトは以下の3つです。

  • Open Work(旧Vorkers)
  • 転職会議
  • キャリコネ

上記3つの中では、私はOpen Workが最も実感値に近いと感じています。Open Workの場合、総合評価が0.00~5.00で表示されます。私の実感としては3.00を切る企業は何らかの問題があると感じています。

一方で悪意のある口コミを投稿する人もいることも事実です。私も以前は、本当に参考になるか怪しいと感じていました。
そこで、私は転職の口コミをOpen Workに何度か投稿し実験してみたことがあります。ネガティブな口コミを1件投稿しただけでは総合評価のスコアがそんなに下がりませんでした。一方でポジティブな口コミを投稿した際はネガティブな投稿よりもスコアに反映されました。

つまり、あくまでも仮説ですがOpen Workはポジティブな投稿をより高く評価し、ネガティブな投稿はポジティブな投稿よりも影響が少なくなるようにアルゴリズムが設計されていると考えられます。また、Open Workの特徴として投稿者が直接的に総合評価を入力できない仕様になっています。私も何度か実験してみましたが、よほどネガティブな評価でない限り3.00を下回るスコアにはなりませんでした。
逆に言えばOpen Workで口コミ総合評価3.00以下の企業は、それだけネガティブな投稿が多いということになります。

転職口コミサイトの見方

転職口コミサイトにはある視点で見ると、非常に「使える」内容になっています。あくまでも私の独自研究の域でしかありませんが、Open Workの見方についてお伝えします。

Open Workの活用方法
  1. 総合評価が3.00以上か確認する
  2. レーダーチャートのうち、「20代成長環境」「風通しのよさ」「社員の士気」をチェックする
  3. 「待遇面の満足度」をチェックする

Open Workで総合評価が3.00以上であることは転職先の必須条件と考えています。理由は先ほどお伝えしたように、3.00以下の企業は何らかの問題を抱えています。以前、私が在籍していた企業ではパワハラが横行していました。

また、レーダーチャートの 「20代成長環境」「風通しのよさ」「社員の士気」 は「働きがい」につながる項目です。この3つのパラメーターが高いと「働きがい」を感じやすくなります。
アメリカの臨床心理学者のハーズバーグが提唱した「二要因理論」によると、仕事における「動機付け」になる要因は、「達成すること」「承認されること」「仕事そのもの」「成長」などと言われています。
Open Workで「20代成長環境」のスコアが高い場合は、それだけ若い人材に仕事を任せてくれる機会があると推測できます。また、「風通しのよさ」や「社員の士気」は互いに高めあえる環境があることを示唆しています。
仕事にやりがいや「働きがい」を求めるのであれば、これらのパラメータを参考にするとよいでしょう。

もうひとつのポイントとして、給与などの「待遇面の満足度」をチェックすることも重要です。「20代成長環境」「風通しのよさ」「社員の士気」 が悪くても「待遇面の満足度」が非常に高い場合は、転職先候補として検討にいれてもよいでしょう。給料が非常によい、または仕事内容に対してかなり給料がもらえるという可能性があります。このような企業は同時に給与についての口コミもチェックするとよいでしょう。ただし、長期的には給料よりも「働きがい」をとる方が長続きします。経営学の実験でも、金銭よりもチームワークや自己研鑽といった成長へのモチベーションの方が仕事を続ける動機になることがわかっています。

ちなみに、中小企業庁の「平成27年度中小企業白書」によると、中途採用者の3年未満離職理由のトップ3が「人間関係」「仕事内容への不満」「給与」です。
つまりこの3点の満足度が高い企業が「良い会社」「長く働ける会社」と言えます。口コミサイトを見る際には、総合評価だけでなく上記のような「見るポイント」を考えながらチェックするとよいでしょう。

転職口コミサイトの注意点

私は普段、人事の仕事をしています。様々な企業のの人事仲間に口コミサイトについてきいてみると、ほとんどの企業の人事担当者が「口コミ対策をしている」と答えます。採用担当者が毎週「口コミパトロール」をしているという企業もあります。中にはアカウントを10個以上持っていて、毎週、自社にとって良い口コミを投稿しているという「つわもの人事」もいました。

つまり転職口コミサイトは、社員や退職者と人事との口コミの「応酬戦」が日々繰り広げられているのです。

私は以前、在籍していた企業について「ありのまま」の口コミを投稿しました。しかし、私の投稿が掲載されたすぐ後にまるで私の投稿内容をすべて打ち消すような極端なポジティブな投稿が掲載されました。一方でOpen Workは総合評価や各パラメータを直接的に操作できない仕様になっているため人事がいくら自社に都合のよい投稿をしてもなかなかスコアが変動しないようになっています。

いずれにしても口コミだけを鵜呑みにせず、あくまでも転職先検討の参考材料の一つとしてとどめておくことがよいでしょう。

関連記事

【転職本】転職を決意したら読むべき本3選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です