「よりよく生きる」ための転職&キャリアアップメディア

【副業】サラリーマンが副業を始めるには?~現役人事が徹底解説!~

サラリーマン 副業

この記事はこんな方におすすめ!

・副業を始めてみたいサラリーマンの方
・転職と副業を掛け合わせてキャリアアップしたいサラリーマンの方

私は、サラリーマンをしながら副業しています。
ちなみに会社では人事の仕事をしています。

私のプロフィールについてはこちら↓のページをご覧ください。

【Aritoについて】現役人事担当者で転職の課題解決サイトを運営するAritoとは?~About us~

最近、副業ブームなので人事の視点からサラリーマンの副業の始め方について書いてみることにしました。

きっとあなたも収入を上げたい、副業を通じてキャリアアップしたいとお考えだと思います。

そこで、実際に私が副業を始めた方法や副業のノウハウについてご紹介します。

きっと、「怪しい副業サイトが多いな・・」と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
私も20代のころはたくさん騙されてきました。

この記事では、真面目に取り組めばきちんと稼げるサラリーマン向けの副業方法をご紹介しています。

もしここに書かれている内容を実践してみて、「稼げないじゃないか・・!!」というお𠮟りがあれば、ぜひお問い合わせからフィードバックをお願いいたします。

この記事があなたのキャリアアップに少しでもお役立てできればうれしいです。

サラリーマンが副業を始めるために、まず必要なことは?

サラリーマンが副業を始めるには、まず何が必要なのでしょうか?

副業を複業として取り組む心構え

サラリーマンの方で、副業で稼げない方にはある共通点があります。

それは副業をあくまでも副業としか考えていないことです。

私も数年前に副業を始めたときは、同じように考えていました。

私も最初はお金を得るために、アルバイト感覚で副業を始めました。
ある大手訪日外国人向けメディアで、1件500円のライティングでした。
また、クラウドワークスを活用して主に旅行系メディアのライティングの仕事を数か月やっていました。

月の売上は多いときで1万円程度。
旅行系メディアでは、実際に現地に行って取材も行っていました。
取材経費も入れると完全に赤字。

副業は稼げない・・。
そう思い、私は副業を辞めました。

それから数年後、私が副業でそこそこ稼げるようになったのは、心構えを変えたからです。

副業を副業をとらえず、本業と同じように自分の仕事として考え始めました。
当然のことなのですが、副業も仕事です。
お仕事を発注してくださるクライアント様にとっては本業です。
私を信頼してお仕事をいただけるわけです。

ただ単に、私の視点から見た場合に本業と副業があるだけ。

私は、再び本気で副業を始めるにあたって世の中に対して私は何が提供できるのか、何が自分の価値なのかを真剣に考えました。

そして、私の価値に対して報酬を支払ってくださるクライアント様の課題を解決することに全力で取り組みました。

このように心構えを変えることは、副業に取り組むうえでとても重要なことです。

Arito

サラリーマンの副業は副業ではありません。
本業以上に本気で取り組む必要があります。

あなたもほんの少し心構えを変えるだけで、副業ですぐに稼げるようになりますよ。

サラリーマンの副業は、時間が必要

サラリーマンが副業を始めるには、副業のために自由に使える時間が必要です。
自由に使える時間があることは、何よりも重要です。

ほとんどのサラリーマンの方が、日中は会社の仕事をしていますよね。
それはつまり、1日に使える時間が限られているということです。
さらに場合によっては、残業もしなければなりません。

あなたもひょっとしたら、毎日、残業続きでなかなか帰れない日々を経験したことがあるのではないでしょうか。

どんな副業を始めるにしても、サラリーマンならまずは副業するための時間を捻出しなければいけません。

ちなみに、サラリーマンが時間を捻出する方法はいろいろあります。

時間の捻出方法

・本業を短時間で成果を上げられるように工夫する
・時間がとれる仕事に転職する
・なるべく通勤をやめる
・本業の隣接領域で副業する
・本業/副業ともに、お金を払って外注化する

私はこの時間捻出方法を全て実践しました。
おかげで毎月副業に使える時間を20~30時間程度確保できるようになりました。

特に、時間捻出に効果的だったのが、時間がとれる仕事に転職したことです。
私は以前、人材開発のコンサルティング営業の仕事をしていました。
月の残業時間は80時間以上で、プライベートの時間はほぼゼロでした。
そこで、時間をとれる大手上場企業の人事に転職することにしました。

その結果、現在の残業時間は月10時間未満です。
大幅に自由に使える時間が増えました。

サラリーマンにとって、本業の時間は転職か異動でもしない限り削減することはできません。
そもそも、もしあなたが今、労働集約的な仕事をしている場合、本業の時間を短縮するのは至難の業でしょう。

サラリーマンが時間を大幅に捻出するには、生産性の高い業界の生産性が高い仕事に転職することが最も効果的です。

ちなみに、時間がないからといって本業をサボってまで副業することはおすすめできません。
本業をサボると、確実に本業の生産性が下がります。
生産性が下がると、長期的に本業に割く時間が増え、副業に充てる時間がなくなる可能性が大きくなります。

時間捻出の方法を実行して、空いた時間で堂々と副業しましょう。

副業で稼ぎたいなら、ある程度の資金が必要

副業で本格的に稼げるようになって感じるのは、副業を始めるなら少しでも資金があった方がよいということです。
もちろん、元手ゼロで始められる副業もあります。
しかし、少額でも資金を投資した方が大きな成果が得られます。

また、サラリーマンが副業で稼ぐには一つ重要な視点があります。

それは時間を買うことです。
先ほどもお伝えしたように、サラリーマンは時間がとても限られています。
なるべく成果の出る行動に集中し、自分がやらなくてもよいことにはお金を使って他の人やITツールに任せるようにするのがベストです。

その他にも、付加価値を高めるための投資もしています。
私の場合、依頼された記事についてよりよい内容を書くためによく書籍を購入します。
また、サイト制作の知識を短時間で習得するためにWEBセミナーやマニュアルを購入する場合もあります。
他にはサーバー代や、クライアントとの打ち合わせのための交通費など必要経費を稼いだ資金から捻出しています。

付加価値の低い業務は他人やITツールに任せてお金を払い、付加価値の高い業務はさらに価値を高めるために必要な投資を行います。

この2つの取り組みで安定的に稼げるようになるのです。

ある程度の資金、といっても数万円程度で構いません。
最初に2~3万円程度の初期投資をするだけでOKです。

必要なことには資金を投資する
この投資感覚を持つこと。
何よりもこの考え方が副業には重要です。

サラリーマンの副業はどうやって始めるのか?

では実際にサラリーマンの副業は、どのように始めればよいのでしょうか。
私が取り組んだ方法をご紹介します。

自分の価値が何なのかを考える

まず大前提として、サラリーマンの副業は時間労働をやめましょう

時間労働とは時給で働くことです。
コンビニでのアルバイトが代表的な例です。

サラリーマンはそもそも時間が限られています。
時間労働をすると、限られた時間をお金に変えることになるため、限られた金額しか稼げません。

そこで成果に対する報酬をいただく、成果労働をするのです。

成果労働は成果に対して対価が支払われるため、時間に関係なく報酬が一定額もらえます。
短時間で成果を出せばそれだけ時給が高くなります。

成果労働をするには、自分にどんな価値があるのかを考える必要があります。
お客様はあなたの価値に対して対価を支払うので、自分自身の何が売れるのかを整理する必要があるのです。

自分の価値を考えるには、以下の4つのフレームで考えます。
それは、「好きなこと」、「できること」、「世の中が求めていること」、「お金になること」です。

まず副業を長続きさせるには、好きなことで始める必要があります。
ただでさえサラリーマンの仕事で疲れているのに、副業で消耗していては長続きしません。

なるべく好きなことを副業でやりましょう。

また、同時に自分自身ができることを考えてみます。
改めて考えてみるとできることは多いものです。

例えば、私の場合は人事系のアドバイス、WEBライティング、カウンセリング、占いなどです。

あなたにもできることはたくさんあるはずです。
少し時間をとって考えてみましょう。

次に世の中が求めていることを考えます。
つまり、これから伸びる市場について考えるのです。
例えば最近の日本であれば少子高齢化社会ですので、シニア向けの健康食品は伸びる市場と考えられるでしょう。

私の場合は人事の領域にターゲットを絞りました。
日本は人材不足ですので、人事の市場はこれからますます変化すると考えられます。

最後がお金になることです。
副業はビジネスなので、お金にならなければ意味がありません。

私の場合は文章を書くことが幼いころから好きでした。
そしてできることは人事の知識を活かしたアドバイスです。
また、世の中が求めているのは最近の働き方改革などの人事の変化です。
最後にお金になることとして、最近はコンテンツマーケティングブームなので、私は人事系のコラムの執筆を書くことに参入することにしました。

好きで、得意で、世の中が求めていて、お金になること。
この4つの領域を網羅できれば、あなたも間違いなく非常に楽しく稼げるようになるでしょう。

まずはトライアルでやってみる

このように自分の価値を検討したら、自分の価値が本当に需要があるか検証します。
例えば私の場合は、人事系のコンテンツライティングは重要があるはず!と仮説を立てました。
そしてクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトにプロフィールを登録し、人事系のライティング案件がないか探してみました。

すると数は少なかったのですが、人事系のライティング案件がいくつか見つかりました。
しかも専門性の高い内容だったため、単価が他の案件よりも高い設定になっていました。
これはラッキー!と思い、早速仕事を受注しました。

その後はクラウドソーシングでの実績をもとに次々と仕事が舞い込んでくるようになりました。

このように自分で考えた自分の価値が本当に需要があるのか、 トライアルで検証してみることはとても重要です。

私の場合は、たまたま仮説を立てていたニーズが合致していました。
でも、もし仮説が間違えていたら再度検討する必要があるでしょう。

トライアルで副業することは、もし失敗してもやり直せる、という気持ちで取り組むのがおすすめです。
トライアルで自信をつけることができれば、すぐに稼げるようになるでしょう。

稼いだお金を投資する

サラリーマンがさらに副業で稼げるようになるには、稼いだお金を投資することが重要です。

ついつい稼いだお金を無駄遣いしそうになりますよね。
私も最初は副業で稼いだお金で後輩をおごって調子にのっていました。

でも、だんだんと副業の仕事のボリュームが大きくなってきたので、事務作業や簡単な作業を外注に出すようにしました。
また、同時に自社サービスの作成にと取りかかりました。
稼いだお金で、より付加価値の高い仕事に集中するようにしたのです。
すると副業の執筆活動がさらに安定するようになりました。
また、自社サービス作成も一部を外注に出したことで、自分でやるよりも質の高い仕事ができるようになりました。

当たり前のことですが、稼いだお金は投資すればするほど複利効果でもっと稼げるようになります。
私は稼いだお金をITツールの購入やWEBライティングに関する書籍や教材の購入に充てるようにしました。
副業といえども、事業です。
事業である限りは設備投資や自己投資が必要です。
きちんと投資すれば自分自身に必ず返ってきます。

副業で少しでも利益が出たら、なるべく再投資するようにしましょう。

結局、サラリーマンの副業は何が一番いいのか?

ライバルが増えるので、本当は教えたくないのですが今回はこのブログを読んでいただいているあなたに少しでもお役に立てればと思い、おすすめの副業方法をご紹介します。

サラリーマンの副業は時間投資効果の高いものを選ぶ

サラリーマンの副業は時間が限られています。
なので、大前提として時間投資効果の高いものを選ぶことがベストです。
サラリーマンがすぐ取り組めて時間投資効果の高いのは、やはりコンテンツ作成です。

最近は誰でもコンテンツを作成してネットで配信できるようになりました。
ニーズのあるコンテンツを作成できれば、かなり稼げるようになります。
コンテンツはブログ以外にも動画やTwitter、Instagramなど、あらゆる配信手段があります。

特に自分の本業や趣味の隣接する領域で副業を始めるのが最も時間投資効果を高めることができます。

もしあなたが営業の仕事をされているようでしたら、営業のノウハウを動画化すれば売れるでしょう。
また、あなたの趣味がサイクリングであれば、サイクリングの写真をInstagramに載せるだけでコンテンツになります。

ちなみに株やFXなどの投資も時間投資効果の高い副業ですが、私はあまりおすすめしません。
なぜならある程度の大きな資金が必要なのと、失敗したときのリスクが大きいからです。

一方でコンテンツ作成であれば、元手も少なく失敗のリスクも大きくありません。

何から始めたらよいか迷っている方は、自分自身をコンテンツ化して販売することを考えましょう。

また、自分自身をコンテンツ化することが苦手でしたら、自分の得意なことや経験をもとにコンテンツ作成を手伝うことを考えましょう。
クラウドソーシングではたくさんのコンテンツ作成の仕事があります。
あなたのもつ経験や専門性を求めている人がいます。

副業するなら、何よりもまずはWEBマーケティングを学ぶべし

コンテンツを売るなら何よりもまず、WEBマーケティングを学びましょう。

自分自身をコンテンツ化するにしても、コンテンツ作成を手伝うにしても、現代はWEBマーケティングを学んだ人が儲かるようになっています。
リアルで売ることもできますが、WEBであればより多くの方にコンテンツを販売することができます。

そこで私が実際にWEBマーケティングを学んだ、おすすめの教材をご紹介します。

アンリミテッドアフィリエイト


●1商品で942万円稼ぎ出す仕組み「Unlimited Affiliate 2.0(アンリミテッドアフィリエイト2.0)」

アンリミテッドアフィリエイトはその名の通り、アフィリエイトをするためのノウハウが書かれた教材です。
パッと見ちょっと怪しい感じはしますが、中身はそこらへんのWEBサイトの記事や書籍よりもしっかりしています。

私自身もこのアンリミテッドアフィリエイト(以下アンリミ)のノウハウを活用してSEOやブログについて学びました。

WEBマーケティングはこれからの時代に必須のスキルです。
ものや情報があふれている時代だからこそ、消費者のニーズをつかむマーケティングの考え方は不可欠です。
WEBマーケティングを学んでユーザーニーズを理解してアフィリエイトで稼げる人は、どのような商品でも売れるようになります。

私もこのアンリミをきっかけにWEBの世界に入りました。
自分のサイト作成だけでなく、副業の執筆活動でも役立っています。
特にSEOやWEBに詳しい人事の人は少ないので、このアンリミで学んだことを活かして採用WEB作成や人事系コラムの執筆を受注しています。

正直なところ、値段は安くはありません。
でも値段以上の価値があります。
この教材に書かれている内容に真剣に取り組めば、副業でもかなり稼げるようになります。
またユーザーフォーラムもあり、サポートもしっかりしているのでブログ運営やアフィリエイトで躓いたときに相談できるようになっています。
自信をもっておすすめできるツールです。

サイト作成ツール「SIRIUS」


次世代型サイト作成システム「SIRIUS」

WEBマーケティングを学んだら、実際に行動してみましょう。
WordPressでブログを作成してもよいですし、WEBサイトを作成してもよいです。
TwitterやFacebookなどのSNSが得意でしたら、SNSでインフルエンサーになるのもよいでしょう。
一方でWordPressは少し慣れるまで時間がかかります。
また、SNSはフォロワーが増えるまでに手間と時間がかかります。
しかし、サイト作成はツールを使用すれば簡単に短時間でできます。

手っ取り早くサイトを作成して稼ぎたいという方に、このSIRIUSがおすすめです。
このSIRIUSでは、SEO対策したWEBサイトを非常に簡単に作成できます。

ただ、WEBマーケティングのノウハウはこのツールには含まれていません。
WEBで検索して自分でWEBマーケティングを勉強したい方や、書籍でWEBマーケティングを学んだ方におすすめです。

ちなみに、アンリミで学んだ知識とこのSIRIUSを組み合わせることで、個人でもWEBで商品を自動販売できる収益システムを構築できます。

手っ取り早くWEBで稼ぎたい方におすすめのツールです。

サラリーマンが副業するなら、まずは本業を頑張ろう!

元も子もない話ですが、副業をするなら本業を100%やりきる必要があります。

私自身も日中は全力で会社の仕事をこなしています。
仕事は筋トレと同じだと、私は考えています。

本業を頑張れば頑張るほど、副業でも成果が上がります。
そして副業を頑張れば頑張るほど、本業にもよい影響があります。
この本業と副業の好循環を生み出すことができれば、仕事無双状態になれます。
ではどうすれば、この本業と副業の相乗効果を生み出すことができるのでしょうか。

あなたは本業で信頼されているか?

なによりもまず、あなた自身は本業でのハイパフォーマーでしょうか。
副業で正々堂々と稼ぐためには、本業で信頼されていることがとても重要です。

本業で成果を出していて、副業でも成果を出していれば、本業でも「やっぱりあの人はすごい」というプラスの評価にもつながります。

あなたがもし副業を始めたいと考えているようでしたら、まずは本業を頑張りましょう。

もし副業が会社にばれないかどうか考えているようでしたら、本業の仕事を100%以上やりきった後に上司に副業を始めてもよいか直談判しましょう。

最近は副業を始めることが当たり前の時代になりつつあります。
また、転職市場も盛んです。
あなたがハイパフォーマーであれば、もしあなたが副業を始めたとしても、きっと上司はあなたの転職を恐れて大目に見てくれるでしょう。

年収600万円前後なら、副業より残業代の方が稼げるという事実

年収600万円前後の方であれば、時給は2,000円~3,000円でしょう。
人によっては残業代が時給3,500円程度になるはずです。

副業を始めるなら、副業の時給が残業代よりも時給を上回らなければなりません。
あえて副業を始めるより、本業で仕事をつくって残業する方が儲かるからです。

年収600万円前後の方は、おそらく弁護士やコンサルタントのような専門性を持っている方は少ないはずです。

専門性の高い方は、副業で本業以上に稼げる可能性が高くあります。
一方で専門性の低い方は、副業を時給で稼ごうと思うと、本業よりも時給単価の低い仕事が多いでしょう。

しかし、副業には大きなメリットがあります。

事業感覚を養うことができる

会社員は事業責任者か経営者を経験しない限り、事業感覚を養う機会は少ないでしょう。
副業を始めると、小規模ながら自分の事業を持つことができます。
事業を大きくするのも、維持するのも自分次第です。

また、会社で給料をいただくときと違ってお金の大切さが身に染みてわかります。
特に、入金サイクルの切実さを感じます。
お客様によっては、ご入金いただくのが2か月後という場合があります。
売上ベースでは今月の収益が大幅黒字なのに、実際には手元にまだ現金がないという状況を味わうことができます。

そうなると、経費を削減する必要性や予備のお金をプールしておく必要性を感じるようになります。

また、なるべく支払いサイトの短いお客様と契約する必要も出てきます。
このお金のやり繰りを考えることが、事業感覚を養うことになります。

事業感覚を養うことは、会社ではなかなかできない体験です。
事業を運営する力を養うことができれば、仮に会社を定年退職したとしても役に立つものになるでしょう。

会計を実践的に学ぶことができる

ある程度稼げるようになると、会計処理が必要になってきます。
お客様への請求書発行、領収書の処理など、多少の簿記の知識が必要な場面があります。

入ってきたお金がどう仕分けられて、どう支出されて、どう資産や負債になるのか。
普段のサラリーマンの仕事ではなかなか実感できないお金の流れを生々しく感じられます。

本業にもプラスになる

サラリーマンの副業は、仕事を選べば本業にもプラスになります。

例えばあなたがマーケッターであれば、マーケティングのアドバイスやWEBライティングの仕事など業務に関連した仕事がたくさんあります。

営業であれば、最近は営業代行の副業も増えています。
自分の職種を活用した副業は本業にも確実によい効果をもたらしてくれます。

また本業とは全く関係ない副業でも、本業に役立つ要素が少なからずあるでしょう。

最後に:サラリーマンの副業は、お金よりもやりがい

サラリーマンが副業をするなら、本当にやりたいこと、やりがいを感じることをやるべきです。

お金を稼ぐためだけなら、サラリーマンは会社で評価を上げることや残業する方が楽に稼げます。
また、せっかく副業を始めるのですから、好きなことをやるべきです。

そして副業の目的はお金を稼ぐことではなく本当に世の中のためになることをやるべきだと私は思います。

誰かのためになることをやって、お金になる。
この体験をすることは本業でもプラスになりますし、副業でもっと稼げるようになるはずです。

この記事を読んだら、まず、あなたが世の中に何が提供できるか考えてみましょう。
自分自身の価値と副業をやる目的が決まれば、あとは手段はどんなことでもよいです。
アフィリエイトでもいいですし、Youtuberでも構いません。

自分が好きで、得意で、世の中のためになって、お金になる。
このすべての条件に当てはまる仕事を見つけてください。
そしてあなた自身の目的を達成するために、どんどん行動していってください。

私の場合は人事の領域でした。
「人の可能性を最大化する」
私はこのビジョンを実現するために仕事を全力で頑張っています。

アンリミテッドアフィリエイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です